2009年03月13日

63.日本の伝統工芸講座 木目込人形、袋物

袋物.JPG
■袋物
和装・洋装のバッグを作ることのできる本格的な袋物工芸です。正統技術を持った講師により最近人気のちりめん細工から振袖や留袖の正式なハンドバッグ、普段使えるお財布やポーチ、お出かけ用バッグ等を作ることができます。このような伝統的袋物工芸の技術をお稽古事として習う機会は少なくなってきています。この機会に本格技術を身につけてみませんか。お免状や資格を取ることもでき、ご自分のオリジナルバッグを作るだけでなく、お仕立ての仕事やショップ販売などの夢も広がっていきます。この機会に伝統工芸を学んでください。

■木目込み人形
正式な日本伝統工芸の一つとして人形工芸があります。神式の行事の一つである「ひとがた」から始まっていますが、平安時代に幼い子の成長を祈るものとなり、女の子の遊び道具、装飾品と発達してきました。雛人形、五月人形などはその代表的なものですね。また、日々可愛らしい人形を部屋に飾るのも心の安らぎになります。
今まで職人さんの技術と思われていた伝統技法ですが、自分で手作りすることが可能になりました。自分で作った人形を飾ったり、お祝いやプレゼントとしてお人形を贈ってみませんか。手作りの人形は贈られた方にとっても大変な喜びになると思います。

■費用 15,400円
■回数 7回
■日時 土曜日 13:00〜14:30
■全日程 5/9,23,6/6,20,7/4,18,8/1
■講師名 相澤 ふみ江
posted by admin at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115557619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。